ビジネス心理

良好なビジネスは心から生まれる

「コミュニケーション能力」、これこそが仕事のできるビジネスマンになるための一番大切な条件といっても過言ではないでしょう。
企画力、高度な事務能力、プレゼンテーション能力など、諸々の能力も当然、必要です。

しかし、それらの能力も、円滑なコミュニケーションが築かれていない状況では、十分な力を発揮できるとは言えません。
大きなビジネスは多くの部署、下請け会社など、多くの人々が関わります。コミュニケーション能力がないと、大規模なビジネスの成功はおぼつかないでしょう。

大きな実績をもつビジネスマンの多くは、「良好な人間関係こそ、ビジネス成功の秘訣」と言い切っています。

日常生活では家族、隣人など、周囲の人とうまく付き合い、同時に自分も幸せになるためにはどうすればいいのか、日々頭を悩ませている人も多いことでしょう。
日常生活では、ある程度なら、付き合いたくない人との交際を限定できますが、ビジネスの現場では、どうにも気が合わない相手とでも関わらなければいけません。

ビジネス心理学を実施することによって、ビジネスシーンでの良好な人間関係の築き方、行動の仕方について、解決の糸口を見つけることができるかもしれません。
ビジネスシーンでの人間関係は、同僚との関係、上司との関係、クライアントとの関係などです。

何気ない仕草や発言から相手の真意を読み解き、自分に有利な方向へ導くといったことに、ビジネス心理が活用されています。
それらの心理テクニックを身につけることにより、ビジネススキルもアップしていきます。

ビジネス心理は、ビジネス成功への糸口をつかむだけでなく、トラブルを未然に回避することも可能になるのです。

アマゾンマーケットプレイス

Amazonマーケットプレイス

総合支援 業務ソフト

http://www.amts.jp/
ピアノ教室

ピアノ教室.net

好みのピアノ教室を選べるサイト

http://www.piano-k.net/
脱毛

信頼の脱毛・エステサロン

脱毛とエステのビュウベッロ

http://www.piubello.co.jp/

ビジネス心理で敵を味方に変える

みなさん、会社の同僚との人間関係は良好ですか?
同僚たちと信頼関係を築くことは、仕事を円滑に進めるための近道だと頭では理解していても、出世の一番のライバルともいえるだけに、時には足の引っ張り合いにもなりますよね。

上司とも部下とも違う、微妙な距離感が求められる同僚との正しい付き合い方をビジネス心理で探ってみませんか?

すべての仕事は、良好な人間関係から始まると言っていいでしょう。
人間関係が良好であれば、互いに助け合い、仕事の効率を大幅にアップさせることができたという経験をみなさんお持ちでしょう。

また、ちょっとした誤解なども生じることなく、仕事が滞ったりせず、余計なストレスも感じませんよね。
自分も気持ちよく仕事ができる最高の状況は、良好な人間関係が生み出すのです。

人間の歴史は、多くの人間が協力し合うことで、1人で行うよりも、大きな仕事を達成してきた歴史と言い換えてもいいでしょう。
他人は、場合によっては敵にもなり、害を与える存在にもなります。
敵になるのを未然に防ぎ、協力者となるようにするのがビジネス心理です。

新しく部署にやってきた人間に対して、「新しい人が来たことで今までよりもっと売り上げが伸びるかもしれない」、または「もしかしたら足を引っ張られるかもしれない」などと、プラスとマイナスの両面でさまざまな思いをめぐらせますよね。

配属されたばかりの時期は、期待半分警戒半分で見られているのだということを、まず認識しておくことが、同僚との信頼関係を築くことに必要なビジネス心理だといえます。

予約システム

美容院・リラクゼーションサロン

治療院・診療所向けの携帯予約システム

http://xn--24h-wk4bk2f4iw94u9o5e.jp/
チラシ印刷

チラシ印刷、パンフレット印刷

ポスター印刷ならプレスビー

http://www.pressbee.com/

紹介者によって良くも悪くも

ビジネス心理において「紹介」が効果的といわれています。
しかし、効果的か否かは、紹介する人によってまったくかわります。
つまり、重要なのは、誰が紹介するかということです。

紹介者のレベルによって、紹介された人に対する周囲の評価は高くもなるし、低くもなりえるのです。
ベストな紹介者は、その部署で人望のある人物です。

昔から「あばたもえくぼ」というように、好きな人のことなら客観的に見ると欠点(美点ではない)である部分もチャームポイントにみえてくるということがありますよね(逆に、嫌いな人の場合、美点でも欠点に見えますね)。

その部署で高く評価され人望もある人物の関係者というだけで、自分まで好意的に評価してもらえるのです。
心理学ではこのような心の動きを「ハロー効果」といいます。

おまけに、「こいつはいいやつだ」と紹介してもらえれば文句なしです。
「あの人が言うのなら信用できる」と、その人物の人望が、新しい部署の人たちにお墨付きを与え、後光を差してくれるのです。

ハロー効果には、マイナスの効果もあるのです。
その部署内で評価の低い人に紹介してもらうと、「この人の紹介ではあまり信用できないな」という印象を与えてしまいかねません。最初からマイナスの評価を与えられてしまう可能性があるのです。

その部署のトップや役職のある上司に紹介してもらうことは一見効果的に思えますが、その上司が部下から嫌われていたら逆効果です。
同僚から「上司側の人間だ」と思われてしまい、何もしないうちから同僚との間に壁ができてしまう恐れもあります。

MT テンプレート

アフィリエイトで稼ぐための

本格MT(Movable Type)テンプレート

http://www.cmsagent.net/mt-affiliate/
看護師 求人

看護師のための求人情報サイト

看護師の求人なら「ナースの星」

http://www.nurse-guide.jp/
古本買取

大学受験参考書・問題集

古本・古書・DVDを高価買取

http://www.bookbank.jp/

挨拶で、相手との壁を崩そう

人間関係の基本は挨拶です。これは、ビジネスに限ったものではありませんね。
人間はともすれば、第一印象での偏った判断で、相手を見続けてしまいがちです。
一言で反りが合わないといっても、どのくらいのレベルで合わない相手なのかを考えましょう。

「なんとなく生意気そうで嫌な感じだ」という第一印象のまま、その後も「あまり話したことはない」という食わず嫌いは、社会人としてあまり感心できるものではありませんね。
嫌いなものにこそ、新たな出会いや可能性が眠っているかもしれませんよ。

周囲のうわさやわずかな情報から相手を判断しないことです。自分もそのように判断されたらいやですよね。まずは積極的に関係を持つように努力しましょう。
感じが悪いというのは表面的な印象であって、きちんと向き合って話をしてみたら意外といい人物だったという経験は誰にでもあるはずです。

よく知らない者同士では、最初のうちは相手も自分も警戒心を持って接しています。
そんな時には、自分のほうから挨拶をして話しかけ、二人の間にある厚い壁を崩してしまいましょう。壁を崩さないことには近づくことさえできないからです。

挨拶は、人間関係の基本です。
この基本がしっかりとできていないと、自分自身の評価も下がってしまうのです。

嫌な相手と付き合うのは精神的な負担も重いですが、壁を崩して相手と仲良くなれば、次第に楽な気分になります。
積極的に相手と関わっていくことは、自分のためになることなのです。

聞き上手は人を結びつける重要な役割

自己主張をはっきりできなければ、ビジネスマン失格みたいに思われがちですが、必ずしもそうではありません。
「聞き上手」もとても重要なのです。
ビジネス心理において、聞き上手=集団のまとめ役ともいわれています。

会議などで、あまり発言しない人がいると思いますが、そういう人を観察してみましょう。
まず、その人が、話題に関心をもっているかどうか注意して見てください。

無関心だから黙っている(聞いていない)のか、それとも黙ってじっくりと話を聞いているのか。
きちんと耳を傾けて話を聞いている人は、頼りになる人の可能性大です。

じっくりと話を聞いている人の中には、相手の自己開示を引き出すのが得意な人がいます。
心理学ではこういう人を「オープナー」といいます。
日本語で言うと、ズバリ聞き上手です。

相手との信頼関係をつくるには、まず相手の話を聞くことが大事になります。
ニコニコと微笑みながら話を聞いてくれる人には、誰でも安心して話せます。
どんな悩み事や愚痴でも聞いてもらえるような気持ちになっていくのですね。

そのためオープナーはどんなタイプの人からも好かれます。
いつも、愚痴ばかりこぼしている人は、周りにマイナスの空気を伝染させてしまい、とかく嫌われてしまいますが、愚痴を聞いてあげることで、「ヘルプサインを受け取ってもらえたんだな」と喜ばれるのです。

愚痴は「助けてほしい」というサインでもあるのですよ。
このように、自分を強く主張しないで周りの人の話にじっくり耳を傾け、短くとも的を射たコメントをする。そういった人たちは、その集団における陰の実力者になる素質があります。

リーダーとして引っ張っていくタイプではありませんが、人と人を結びつける役割を果たしているという重要な役割を担っているのです。